運営会社サイトマップ 誤解を招いてしまったあの事件簿(友人編):20-30代男性向け|結婚相談所の総合情報サイト【ウエディングロード】

全国の結婚相談所 一覧
ベテラン婚活アドバイザーブログ
結婚相談所の総合情報サイト ウエディングロード

HOME > 婚活スパイス > 誤解を招いてしまったあの事件簿(友人編):20-30代男性向け

誤解を招いてしまったあの事件簿(友人編):20-30代男性向け

ケンカするほど仲がいいとは言いますが親しき中にも礼儀あり
ましてや友人間の付き合いでは100%理解しあうという事も難しいものです。つまらない思い込みや誤解から大問題に…なんてことにならないようにお互い気を付けたいものですね。

20-30代の女性向け

送る前に宛先確認!

彼氏とのラブメールの行き先は…

親友Aちゃんとの間に起こった事件簿。当時、私は大好きな人と両想いになったばかりで、彼氏とはラブラブの絶頂期。
親友のAちゃんは、結婚を前提に付き合っていた彼と破局したばかりで、かなり落ち込んでいる時期でした。

私も彼女からいろいろと相談を受けて、自分なりになだめたり励ましたりもしていた、ある日のこと。
いつものように彼氏と楽しくメールをしている時に、彼氏へ送信するはずのラブラブメールを、間違えてAちゃんに送ってしまったんです。ガラケーからスマホに変えたばかりということもあって、ついうっかり誤送信。
Aちゃんから、「私のことを慰めてくれているのかと思っていたけど、こんな風に彼氏とのノロケを見せつけるなんて、ひどい」って怒らせてしましました。

悪気はなかったとはいえ、逆の立場だったら私だっていい気持ちはしないと思います。その後、何とか誤解は解けましたが、自分のそそっかしい行動に本当に嫌気がさしました・・・。

Let's try! 気をつけるポイント

メールの誤送信から誤解を招くケースは、数多くあります。ただでさえ、誤解や勘違いが多いメールでの失敗には、本当に気をつけたいものです。送信ボタンを押す前に、再度宛先を確認するクセをつけるようにしましょう。結婚相談所でお見合いが成立したのに、メールの誤送信が原因で破談になった…なんて話もありますので、気をつけましょう。

どっちでもいい=どうでもいいと聞こえることも

遠慮したつもりが、誤解されて…

結婚相談所のお見合いで結婚した女友達が、ダンナさまの友人を誘って私を含めた4人で飲みに行こう!と計画を立ててくれました。Wデートのような感じで、彼の友人を恋人のいない私に紹介してくれる、という口実です。友人のダンナさまは、仕事もバリバリ出来る大人の男性。
その彼の友人を紹介してくれるということなので、私もかなり期待していました。

ところが、予定していた日に急きょ仕事が入ってしまい、どうしても待ち合わせの時間には間に合わないことが判明。友人は私を気遣い、「私たちは先に飲んで待っていてもいいんだけど、またゆっくり出来る別の日に設定し直そうか?」と聞いてくれました。本当に申し訳ない気持ちでいっぱい、でもどうしていいのかわからずに「私は、どっちでもいいんだけど…」と、思わず返事をしてしまいました。

そうしたら、「あんたのために会を設けようと思っているのに、どっちでもいいってどういうこと?!」と、友人が激怒。私自身は、自分の都合に合わせてもらうのが悪いし迷惑をかけたくない、という気持ちから「どっちでもいい」と言ってしまったのですが、友人の立場にしてみれば怒るのも当然ですよね・・・。その後、きちんと話し合って誤解は解けましたが、それ以来「どっちでもいい」という言葉は、自分の中で封印です。自分の配慮の足りなさから生んでしまった誤解ですが、改めて日本語の難しさを痛感した出来事でした。

Let's try! 気をつけるポイント

「どっちでもいい」や「任せる」という曖昧な言葉は、相手に誤解を与えやすいので注意が必要です。どんな場面でも、すべてを相手まかせにしてしまうと「投げやりな態度」とも受け取られかねません。きちんと自分の言葉で素直な気持ちを伝えるようにしましょう。どんなに親しい間柄でも、言葉にしなければ伝わらないものなのです。

いくら好きでもやり過ぎは禁物

ただ、ブランドが好きだっただけなのに…

普段から、誰もが知っている某ブランドが大好きな私。
同じ職場の女子社員と取引先の男性との合コンの日も、何も考えずにいつものようにブランド物を身に着けていきました。
職場では制服を着用しているので、同僚がどんな私服を着る人たちなのか、ほとんど知らなかったし興味もなかったんです。

私の私服姿を見るなり、同僚の一人が「ずいぶん、気合入っているね」と言われ、自分が全身某ブランドでコーディネートしていることに、ようやく気づきました。
そして、それに対して他の3人が快く思っていないことも、瞬時に察知しました。
とはいっても、他に着替えなど持っていないので、仕方なくそのまま合コン会場へ。
合コン自体はそれなりに盛り上がり、その場は何事もなく過ぎたのですが、それ以来、職場の合コンには呼ばれなくなってしまいました。
自分では、「ただ好きな物を身に着けているだけ」だと思っていたけど、合コンの場合は「足並みを揃える」ことも大事ですね。いい勉強になりました。

Let's try! 気をつけるポイント

結婚相談所のお見合いや婚活の場でも、ブランド尽くしの女性のファッションは敬遠される傾向にあります。なぜなら、男性の目から見ても、「結婚しても、お金のかかる女」だと思われてしまうからです。
合コンではブランド物にかぎらず、自分1人が浮かないファッションを心がけることが大切。事前に、他のメンバーがどんな服装で行くのか、さりげなくチェックしておくと良いでしょう。

私が楽しい=相手も楽しいとは限らない

カラオケの楽しみ方は、人それぞれ

一人でもカラオケに行っちゃうぐらい、カラオケ好きな私。いつものカラオケ仲間とも、ハモリやコーラスを入れたりしていつも楽しんでいました。事件が起きたその日は、一緒にカラオケするのは初めての友達(同じ結婚相談所で婚活中)と二人カラオケ。その子が歌っている曲に、いつものノリで勝手にハモリやコーラスを入れたら、急に機嫌が悪くなっちゃったんです。
「私が歌っているのに、邪魔しないでくれる?!」って言われてしまいました。カラオケを盛り上げ、その子に気持ちよく歌ってもらおうと、しただけなのに…。自分が良かれと思ってした行動が、相手にとっては迷惑だったなんて、夢にも思いませんでした。それ以来、その友人とは気まずい日々が続いています。

Let's try! 気をつけるポイント

カラオケの楽しみ方やテンションは、人それぞれです。
みんなで合いの手を入れながら、ワイワイ盛り上がりたい人もいれば、静かに自分の世界を楽しみたい人もいます。
「こうすれば相手が喜んでくれるのでは?」という思いこみや些細なすれ違いから、大きな亀裂に発展することも。
カラオケにかぎらず、自分のペースを相手に押し付けないようにしましょう。

HOME > 婚活スパイス > 誤解を招いてしまったあの事件簿(友人編):20-30代男性向け

結婚相談所とは 比べてみよう結婚相談所 体験談・エピソード特集(本音トーク) 婚活お役立ち情報 マナー講座 for MEN マナー講座 for WOMEN
全国の結婚相談所 一覧 ベテラン婚活アドバイザーブログ

プライバシーマーク
ページトップへ