運営会社サイトマップ 決めるときに集めた資料|結婚相談所の総合情報サイト【ウエディングロード】

全国の結婚相談所 一覧
ベテラン婚活アドバイザーブログ
結婚相談所の総合情報サイト ウエディングロード

HOME > 入会者のホンネトーク(座談会) 決めるときに集めた資料

入会者のホンネトーク(座談会)

決めるときに集めた資料
決めるときに集めた資料
「結婚相談所」といっても、その総数は全国各地数えきれない程の会社が存在しています。その中から一番自分に見合った結婚相談所を探すためにはどうすればいいのでしょうか ?結婚相談所を決める際の情報収集術を、結婚相談所での婚活歴半年を迎えた裕美さん(仮名)に聞いてみました!
ぁ婚活するぞ!ますは結婚相談所を探そう
皆様も同じだと思いますが「婚活するぞ!」と決意した後は、まず結婚相談所の資料請求が必須の作業となりましたね。現在、情報を提供しているホームページも沢山ありますので、時間のある限り情報収集をし、少しでも気になったものがあれば、納得がいくまで資料請求をして検討してみる事が素敵な方と出会うための第一歩となると考えました。

手軽に「結婚相談所」を探す方法として、インターネットで「結婚相談所」と検索をしてみました。すると、当たり前ですが数限りない(?)結婚相談所のホームページが検索されました。そこでまず目をつけたのが、大手の結婚相談所の資料が無料で一括請求出来るサイトです。
結婚相談所といっても決してお手頃な金額なものばかりではありませんし、ただ高いから安心という訳ではないので、これから多額の費用を支払って、一生を共にする結婚相手を探すわけですから、どの相談所にするのかを決めるのには十分な勉強と、細心の注意が必要だなぁと思いました。
それと、私は家族に資料請求した事を知られたくなかったので、結婚相談所にその旨を伝えたら、きちんと相談所の名前を記載せずに資料を郵送して頂けたのでとても安心できました。
婚相談所に入会してみて初めてわかった事
ここで、「結婚相談所」へ少し不安や不信感を持たれている方へアドバイスさせて下さい。
実は私もそうだったのですが、結婚相談所はイメージ的に、「モテない人」「性格に何かしら問題がある人」「結婚適齢期を過ぎた人」等悪いイメージを持たれている方が多いようですが、実際はそうでもないですよ!「結婚相談所」の会員になるのは、決して恥ずかしくないという事です。
入会をされている方の理由の多くは、「仕事が忙しく、出会いの時間を作れない」や「きっかけはあるが、真剣に結婚まで考えられる相手となかなか出会えない」等、現在の環境では良い相手と巡り合える機会がほとんどないので…という方が多いようです。 なので、何か中身に問題がある方ばかりが会員という訳では全くないと思います!
婚相談所の会員の年齢層は?どんな人がいる?
これは担当アドバイザーさんに教えて頂いた情報ですが、結婚相談所を利用する年齢層も時代の流れで変化をしているようですよ。結婚相談所を利用する人はイメージ的に高い年齢層多いのではないかな?と勝手に想像していたのですが、実際は20代~60代と幅広い方々がいらっしゃいます。
その中でも最近では結婚歴のある方や晩婚化が進んでいるためか、中高年の入会者が増加しているそうです。会社によっては、「再婚の人専用」のコースを設けているところもあります。「結婚相談所」に入会している人の職業は、およそ半数が会社員で、学歴もほとんどが高等学校卒業以上で、男性は大学卒が多くて、ほぼ年収300~800万円を占めているそうです。
結論をいうと、結婚相談所に入会している人は様々なのですが、みんな「真剣に結婚を考えて、相手を探し、出会いを求めている人」には変わりありませんから!
1.
「良い」結婚相談所と「良くない(危ない)」結婚相談所の見分け方
決めるときに集めた資料
結婚相談所とはいっても相手も当然利益を求める一企業な訳で、商売ですよね。サービスがシンプルで、手頃な料金設定のところもありますし、そうでないところはそれなりの料金がかかるようです。まずはこれらの中から、自分がどこまでやって欲しいと思っているのかを考えました。それが決まったら、自分の求めているサービスを提供してくれる結婚相談所はどこだろうとじっくり比較検討する時間をとりました。
結婚相談所によってシステムは異なりますが、会員同士でマッチングして相手を紹介するところまでで終わるところもありますし、アドバイザーと呼ばれる担当者が徹底的に面倒を見てくれるところもあります。

私はアドバイザーの方に非常にお世話になっているのですが、お見合いをセッティングしてくれて、そこに同席してくれる場合もあるのでとても強いです。それに、服装や髪型等のおしゃれの方法や小さな事でも相談にのってくれますし、デートでの振舞い方やプラン等の相談も親身になってアドバイスをしてくれました。
アドバイザーには男性も女性もいらっしゃいますが、自分のために、親身になって活動のサポートをしてくれるアドバイザーは、結婚に導くために必要不可欠だと感じています。自分の事を心から相談出来るアドバイザーを見つけ、信頼関係を持つ事で、きっと自分にぴったりのお相手を連れてきて頂けるはずですよね。そのためにも、まずは自分を良く知る事が、最も大切かもしれませんね。
2.
「良い」結婚相談所と「良くない(危ない)」結婚相談所の見分け方
決めるときに集めた資料
逆に注意をしなければならないのが、会員の条件のハードルが低く、誰でも簡単に入会できるような結婚相談所ですね。会員数をむやみに増やし、入会金を取る事だけを目的にしている可能性があるようです。
もし入会した後に違和感があってやっぱり辞めたいと思ったとしたら、相当なお金を損失してしまう事になります。自分は真剣に結婚したいと思って入会したのに、連絡がまともにこない、なかなか相手を紹介してもらえない、紹介してもらったとしても最悪の場合には結婚相談所のサクラだったという事では元も子もありません。
悪い結婚相談所に引っかからないためにも、十分なサイトの検索や資料請求、または自分の足で直接結婚相談所を訪れ、アドバイザーの分析等を自分の眼でしっかりと行い、選択していく事が大切だと思います!
会前に無料説明会や無料お見合い体験に参加してみましょう
結婚相談所によってはオフィス見学を実施している会社や、親御様向けの説明会を行っているところもあって大変評判がいいようです。私自身は無料説明会に参加しましたが、ホームページや資料ではよく分からない部分を直接聞く事ができるので、自分の希望や気持ちをアドバイザーの方に聞いてもらえるのが事前の準備となり、より一層安心して入会できました。無料説明会は予約がいる場合が多いので一度確認してみて下さい。また、無料お見合い体験を行っている結婚相談所もあります。こちらは大人数ではなく個人的な面談になりますし、恥ずかしさもあまり感じないと思いますので是非お勧めしたいです。
婚相談所の即決、即入会はキケンです!
「結婚相談所」は、やはり会員数の多い所の方が自分の条件に見合う人の確率もそれだけ多くなると思いますが、その場の雰囲気で『ここは登録人数が多いから』とすぐに入会を決断してしまわずに、少し考える時間を置いて、落ち着いて決断した方が賢明です。「都合の良い歌い文句」、「しつこい勧誘」、「書面上でのきちんとした契約」に惑わされないように、自分の目と耳で十分に吟味し、入会してから後悔する事のないように、たくさんの資料請求し体験談を聞いてみる事をお勧めします!

HOME > 入会者のホンネトーク(座談会) 決めるときに集めた資料

結婚相談所とは 比べてみよう結婚相談所 体験談・エピソード特集(本音トーク) 婚活お役立ち情報 マナー講座 for MEN マナー講座 for WOMEN
全国の結婚相談所 一覧 ベテラン婚活アドバイザーブログ

プライバシーマーク
ページトップへ