運営会社サイトマップ 婚約、結婚へ|結婚相談所の総合情報サイト【ウエディングロード】

全国の結婚相談所 一覧
ベテラン婚活アドバイザーブログ
結婚相談所の総合情報サイト ウエディングロード

HOME > 入会後の流れ 婚約、結婚へ

入会後の流れ

婚約、結婚へ
お見合いやパーティー等で出会い、気に入ったお相手との交際が始まると、次の目標は婚約、さらには結婚ですね。初めから結婚を視野に入れて婚活する方も多いと思いますので、「やはりこの方しかいない」と思うお相手に巡り合えた事は大変な喜びです。ここでは、婚約、結婚の流れをご紹介したいと思います!
婚約、結婚へ
ロポーズのタイミング
プロポーズは必ずしも男性からという決まりはありませんが、やはり女性としては完璧なシチュエーションでプロポーズされるというのは憧れます。しかし、やはりとても勇気が必要な事だというのも事実。お互いに結婚を前提にという形で交際をしている場合や、女性側に結婚の意思が固まっている事が明白な場合は男性も躊躇なくプロポーズできますが、女性の意思がわからない場合はさらに緊張しますし、さらにかなりの勇気が必要となってきます。女性のほうで「そろそろプロポーズかな?」と思ったら、男性がプロポーズしやすいようにさりげなく話をそちらに向けてみてもいいかと思います。露骨なアピールは逆効果なのでご注意を。
ロポーズはやや慎重に
まだ交際がスタートして間もない段階でのプロポーズは、上手くいかない可能性もあります。何の前触れもなくいきなりのプロポーズは相手をびっくりさせてしまい、もし好意を寄せてくれていてもそれが原因で交際自体もうまくいかなくなってしまう事もあります。 結婚を意識し始めたら、「教会での結婚式って、やっぱり憧れるの?」とか「ハネムーンはどんなところに行ってみたいと思う?」等、「結婚」を意識させるような軽いジャブを事前に入れて、相手の反応をうかがいましょう。そして相手の気持ちを見極め、プロポーズするタイミングを図るのです。
ロポーズしやすい雰囲気を作る
また、男性からプロポーズ待ちの女性は、プロポーズしやすい雰囲気を作ってあげるといいかと思います。「白いウェディングドレスって憧れるな〜」とか、「早く両親を安心させてあげたいな」というような一言で、男性は「彼女も結婚を意識しているんだな」と分かりプロポーズしやすくなります。男性は、このような女性の言葉を聞き逃してはいけませんよ。それがプロポーズのタイミングなのですから。
ロポーズの言葉はストレートに!
プロポーズは、変に格好つける必要はありません。むしろ、キザすぎると女性は引きます。自然な、オーソドックスな言葉のほうが、気持ちがダイレクトに伝わります。言葉としては「結婚しよう」「結婚して下さい」「僕のお嫁さんになって下さい」等。昔は「君が作ったみそ汁を毎朝飲みたい」とか「僕の洗濯物を洗ってほしい」なんて言ったようですが、今は女性も社会に進出して忙しく働いている時代。「家事は平等に」と考えている女性も多くいます。そのような女性に「家事は女性がするもの」という考えを押し付けてしまうと、女性はあなたとの結婚を躊躇してしまいます。
それから「幸せにしてあげる」や「大切にしてあげる」という言葉は、「上から目線」と受け止められ、やはり上手くいかない可能性があります。他にも「一緒の墓に入ろう」「老後も一緒にいよう」等の言葉を使う方がいるようですが、老後を考えさせられると暗くなってしまいこれからの楽しい結婚生活にはふさわしくありません。また、場合によっては女性からプロポーズするのもアリです。「あなたと結婚できたら幸せなんだろうな」なんてさりげなく言ってみましょう。
ロポーズにおすすめの場所とは
プロポーズの場所ですが、静かでなるべく二人きりになれる場所がいいですね。周りに人がいると、相手も返事をしづらいものです。派手な演出は必要ありません。男性はもちろん、女性にとっても人生の一大イベントです。ムード作りを最大限大切に考えましょう。夜景が綺麗なレストランやラウンジ等がオススメです。席の予約をお忘れなく。また、お相手の結婚への気持ちが固まっている事がわかっている場合はプロポーズ旅行を計画してみてはいかがでしょうか。お互い、いい思い出になると思いますよ。
ロポーズのサプライズ演出
婚約指輪についてですが、やはりプロポーズの際に指輪は必要だと考える女性は多いようです。しかし、好きなブランドやデザインは人によって違います。指輪のサイズや好きなブランドを知っている場合は別ですが、知らない場合は選びようがありません。「ここのブランドは好きだけど、デザインが好きではない」という事もあります。気に入らないデザインの指輪を贈られたら喜びは半減。女性ってワガママですよね。
サプライズの演出を考えている場合は直接本人に聞く事もできません。そこで、一つ提案です。おもちゃの指輪を用意してプロポーズするのです。そして「サイズがわからなかったから」と一言添えます。プロポーズが成功したら、女性と一緒に婚約指輪を買いに行けばいいのです。この際だから、大きなイミテーションダイヤのようなものが付いている物を探してみましょう。思わぬ演出に、女性も喜ぶと思います。ただのジョークと取られないようにだけ、ご注意を。成功をお祈りしていますので頑張って下さいね!
ロポーズ成功!婚約・結婚へ
さて、めでたくプロポーズが成功したら、次はお互いの両親への挨拶です。交際中すでに面識がある場合は、両親も結婚の可能性を意識しているかもしれないのでそんなに緊張する事はないと思います。今回が初めての対面という場合、緊張はMAXかと思いますが、まずは気を落ち着けて下さい。なるべくいつもの自然体で臨みましょう。
両親が相手と面識がない場合は結婚を考えている相手がいるという事を、相手の存在を知ってはいてもプロポーズを受けた事を知らせていない場合はその事実を、前もって両親に伝えておきます。突然相手を連れて行ってしまうと両親がびっくりしてしまうので、心の準備期間を設けます。そこで相手の年齢や職業等の情報も一緒に伝えておくと、さらに良いかと思います。両親への挨拶は女性よりも男性の緊張度の方が高いでしょうが、誰しも通る道です。あなたのお父さんも、結婚するときは同じ緊張感と戦ったのです。

ご挨拶するときのアドバイスをお話しますので、参考にして頑張って下さい。まず、訪問する日時はあらかじめ伝えておきます。早朝や食事時(食事の準備時間帯を含む)等は避けます。高価なものでなくていいので、手土産は必ず持参します。会話の糸口にもなりますし、印象も違ってきます。事前に両親の好みを聞いておくといいかもしれませんね。
挨拶の場では、女性の父親を初めから「お父さん」と呼ぶのは早すぎます。「お父さんなどと呼ばれる筋合いなどない!」という頑固オヤジは今どきいないかもしれませんが、「結婚、許したっけ」と困惑されるでしょう。「本日はお願いがあって伺いました。娘さんと結婚させて下さい」と、はっきり堂々と伝えましょう。「娘さんを僕に下さい」はNGです。大事な娘を物扱いされたと受け取られる可能性があり、女性もいい気持ちはしないでしょう。また、両親の前では相手の事をさんづけで呼ぶようにします。受け応えははっきりと、誠意ある態度で接しましょう。両親に対しての敬語やマナーは帰るまで忘れてはいけません。

HOME > 入会後の流れ 婚約、結婚へ

結婚相談所とは 比べてみよう結婚相談所 体験談・エピソード特集(本音トーク) 婚活お役立ち情報 マナー講座 for MEN マナー講座 for WOMEN
全国の結婚相談所 一覧 ベテラン婚活アドバイザーブログ

プライバシーマーク
ページトップへ