運営会社サイトマップ いまどきの結婚相談所事情|結婚相談所の総合情報サイト【ウエディングロード】

全国の結婚相談所 一覧
ベテラン婚活アドバイザーブログ
結婚相談所の総合情報サイト ウエディングロード

結婚相談所とは 上手に利用するための基礎知識

いまどきの結婚相談所事情
婚活ブームの背景には、結婚する事自体が難しくなった現代の時代背景が大きく関わっています。
個人が意識的に結婚活動を行わないと結婚相手を探す事もままならない現代では、晩婚化・非婚化が進み結婚相談所に入会する会員が年々増加しています。ここでは結婚相談所の現代事情を明らかにしてみましょう。
婚相談所のイメージが変わってきた
結婚相談所に興味のある人も多いと思いますが、一昔前までは結婚相談所というと「モテない人が集まる場所」という非常にネガティブなイメージがありました。また、利用するのをためらう理由として「出会ったきっかけが結婚相談所というのは言いづらい」とか「この人よっぽど結婚を焦っているんだなぁ」と周囲に思われたくないというような声も聞かれます。結婚相談所は新しい友人作りや人脈を広げるようは交流の場でなく「結婚相手を見つける事!」という目的一本の場所だからですね。
このように、周りからの目線を気にしたり、結婚相談所=後ろめたいというようなイメージを持っている人は少なくないと思います。しかし、今では理想の結婚相手とめぐり合うため、気軽に登録する人が増え、以前よりも心理的ハードルは低くなっているようです。現代では、恋愛と結婚は別のものというように意識が変化しており、結婚相手はより理想的な人を求めるようになりました。「結婚相手は自分の嗜好優先」という考えを持ち、出会いの幅を広げてより自分の理想に近い結婚相手に出会う手段として、むしろ積極的に結婚相談所が選ばれているようです。また、費用が高額と思われがちですが、相談所によっては入会金無料というところもあり、情報提供を受けない限りは料金が発生しなかったり、月会費制等、利用しやすいシステムも人気を集める理由です。
婚相談所を利用する目的が変わってきた
以前は結婚相手を自分で見つけるという事があまりなく、お見合いや知人の紹介等で現代よりも結婚で悩む事は少なかったと思われます。また、仕事が忙しく結婚相手を見つける時間がなかったり、地域的や身近に結婚相手がいないという理由から、結婚相談所に入会する男女が多くいました。しかし現代では自分の身の回りで出会いを求めても、理想の結婚相手と出会う事は難しい世の中になっています。結婚が自由になった反面、結婚相手を探したりする事も自分で見つける時代となってしまいました。
そこで先の結婚を見越して、理想の結婚相手を見つけ幸せな結婚をつかむために、結婚相談所に入会する人が増えています。中には「学校を卒業し、就職したらすぐに入会する」という人もいて、まだ若いのに?と思ってしまいますが、本人達は「気づいたらもう適齢期を迎えていた」という事態をできる限り避けるための先手必勝法なんだそうです。合コンやお見合いパーティーでは相手の仕事や収入や容姿を選ぶ事が難しい為、じゃあ最初に希望や条件のハードルを設定し、くぐった人だけ結婚相手としての候補にしましょうという活用方法です。このように積極的に結婚相談所を利用する人も増えており、以前とは結婚相談所の入会動機も意識もずいぶん変わっているようです。
また、事前にお互いのプロフィール等で相手の事をわかっていれば、結婚する本人も家族も安心して結婚に踏み切れ、お互いに自分が望む条件に合う相手だったら結婚しても問題なくいきそうです。非常にドライな考え方かもしれませんが、合理的で時間を無駄にしたくないという現代の価値観とライフスタイルが、結婚相談所というひとつの出会いの方法とぴったりマッチしているのでしょう。確かに日常で結婚相手を探すよりも、より自分の理想の結婚相手に出会えるチャンスは広がりそうです。
婚相談所の流行スタイルが変わってきた
今や婚活にインターネットは欠かせません。入会金や月会費が低価格で、簡単に登録と結婚相手を探す事ができる事から、インターネット型結婚相手探しの利用者が増加しています。会員はインターネット上で自由に相手の検索や交際を申し込み、スピーディーかつ手軽に相手を見つける事ができます。また、居住地域に縛られず、日本全国から自分に合った理想の結婚相手を探す事ができるのも人気の理由です。
また、現在は専門型の結婚相談所も豊富です。例えば、結婚相手の希望職業別としては、医師、弁護士等のハイクラスな男性、客室乗務員等。年齢別としては熟年向き、その他は結婚歴のある方、国際結婚希望者向き、ハワイ等の海外在住希望者向き等、十人十色です。これは自由に結婚相手を探す事ができるようになった時代背景とともに、個人の価値観や結婚相手に求める嗜好の多様化が大きく反映していると考えられます。
の代理お見合い会が増加してきた
婚活は親の世代にも広がっています。一部の結婚相談所では親の代理お見合い会を開催しています。仕事等で忙しくて時間がない、結婚へなかなか腰があがらない、そういう息子や娘に代わって時間とお金に余裕がある親が、結婚相談所の無料セミナーや説明会に参加しています。待っていたらそのうち結婚するだろうと思っていたら、いつまでたっても結婚する気配もなく、結婚適齢期をとうに越した子供に業を煮やし、親が話を聞いてきて子供にパンフレットを見せながら説明する事が珍しくないそうです。実際の代理お見合い相談会は、男女それぞれの親御さんが、子供の写真、学歴、仕事、趣味等が書かれたプロフィールを親御さん同士で交換して全員の方とご歓談をするというのが一般的スタイルです。これも婚活の一つの形ですが、実際の成婚となるとなかなか難しいようで、子供に内緒で参加し親同士で話がまとまったとしても、結局当人同士の意向に合わずお見合いが成立しないというケースや、親世代の価値観があまりにも保守的で、結婚相手に求める条件や基準が厳しくなっているという事もスムーズに進まない理由のようです。
結婚相談所とは 比べてみよう結婚相談所 体験談・エピソード特集(本音トーク) 婚活お役立ち情報 マナー講座 for MEN マナー講座 for WOMEN
全国の結婚相談所 一覧 ベテラン婚活アドバイザーブログ

プライバシーマーク
ページトップへ