運営会社サイトマップ お見合い(人数、感想)|結婚相談所の総合情報サイト【ウエディングロード】

全国の結婚相談所 一覧
ベテラン婚活アドバイザーブログ
結婚相談所の総合情報サイト ウエディングロード

HOME > 入会後の流れ お見合い(人数、感想)

入会後の流れ

お見合い(人数、感想)
お見合いをするにあたって、必要な書類を用意しなければなりません。「写真」「履歴書」「釣書(つりがき・つりしょ)」又は「身上書(しんじょうしょ)」、「家族書」です。項目別にひとつずつご説明します。なお、履歴書や釣書、身上書はお見合いパーティー等のカジュアルなお見合いでは必要ありません。
お見合い(人数、感想)
まず写真ですが、お見合いの写真はプロのカメラマンに撮ってもらうのがベストだと思います。残念ながら人は見た目で少なからず先入観を持ってしまうものです。普段は明るい性格なのに写真写りが悪いと暗そうな人と感じられてしまう事もあります。あなたの個性や魅力を最大限引き出してくれる有能なカメラマンを探しましょう。写真はいわば、あなたの宣伝材料なのです。仲人が存在する場合でも、結婚相談所に登録する場合でも、写真は最もと言っていいくらいの重要アイテムです。美容院で身支度を整えてから写真屋へ向かいましょう。

ここでひとつ注意したい事は、写真の修正はほどほどに、という事です。撮影した写真を自分好みに修整してくれるサービスが登場して世間にも馴染みつつありますが、あまりにも実際のお顔とかけ離れてしまう事は避けた方が賢明です。お相手は写真を見てあなたのイメージを膨らませます。お会いする前に自分のハードルを上げ過ぎないほうがいいでしょう。
装・身だしなみ
服装はあまり堅苦しくなく、清潔な印象を与えるものがベター。ちょっとリッチなレストランにおしゃれをして行くような感覚で服を考えてみましょう。自分のコーディネートに自信がない場合はショップの店員さんに相談してみるのもいいかもしれません。女性のメイクはプロのメイクアップアーティストに相談してみるのもいいですね。美容院でもやってくれますし、最近では写真屋でメイクをしてくれるところもあるようです。
要書類
次に、下記の書類は全て、一般的に仲人や世話人が存在する場合に必要なものです。(結婚相談所等では提出を求められる所があるかもしれません。)用意できたら写真と一緒に封筒に入れて仲人(世話人)に渡します。

履歴書
は、必ず本人が手書きします。自分の字に自信がない人でも丁寧に書いた文字は好感を持たれます。下書きをしてゆっくり丁寧に書きましょう。
「釣書」「身上書(しんじょうしょ)」「家族書」
あまり馴染みのない言葉ですよね。釣書と身上書は同義語とする場合も多いようです。釣書は、縁談、お見合い、結納、結婚の際に男女間で交わされる書類です。プロフィールや生年月日、学歴や職歴、趣味等を記入します。また、釣書の一部として家族書も記入してしまう事もあります。
家族書には、家族の名前や続柄を記入します。親戚も併せて記入する場合もあるようです。お相手の家柄や親戚についての情報を得る事により、お互いの家族構成や出身地、親族に犯罪者がいないか等の疑問をこれで解消できるのです。
般的なお見合いの形
さて、お見合い書類についての説明が長くなってしまいましたがここでやっと、いわゆる『お見合い』についてお話します。
仲人や紹介者がいる一般的なお見合いでも、最近は多少カジュアルになってきているようです。『男性はスーツで女性は着物、庭園がある高級料亭で仲人等も同席し、「ご趣味は?」「ええ、お琴を少々・・・」。そして食事の後は二人で庭園を散歩し、庭園にある池のそばでは獅子脅しがカコーン・・・』なんてシチュエーションは減ってきています。
初めから仲人が同席しない場合もありますし、食事ではなくお茶だけ、待ち合わせ場所もホテルのラウンジや喫茶店なんて場合もあるようです。「いかにもお見合い」という感じは恥ずかしいとういう観点からか、一見普通のデートのようなお見合いが増えています。 それに、そのほうが慣れない服を着て慣れない場所に緊張するという事もなく、初対面の相手に多少の緊張はしても自然な流れで会話も弾みそうですよね。料金は男女で折半するのが一般的ですが、男性や仲人(世話人)が出す場合もあります。
ジュアルさが人気のお見合いパーティー
また、仲人や紹介者がいない、いわゆる「お見合いパーティー」の場合はさらにカジュアルで気軽です。人数も1対1ではなく、パーティーの内容や時間帯にも寄りますが、多い場合は30対30以上のパーティーもあるようです。一度に大勢の異性と知り合いたい場合は有効ですね。ただ、人数が多すぎるとマンツーマンでお話できる時間が限られてしまったり、人気がある方には多くの人が殺到してしまったりというデメリットもあるようです。   
また、落ち着いて話をしたい人向けに、広くて仕切りのない会場ではなく個室タイプのパーティーというのもあり、こちらも人気があるようです。プチお見合いといった感じでしょうか。
また、お相手の職業限定(男性の場合は『医師』、『公務員』又は『年収600万円以上』等、女性は『看護師』『保育士』等)のお見合いパーティーや、『お料理婚活』『お見合いバスツアー』、さらには『クルージングでのお見合い』等、近年お見合いパーティーの種類は多岐に渡って増えてきています。
さらに、「出会いパーティー」というのもあるようです。レストラン等で行われるものやクラブで開催されるイベント等が主で、人数は10名くらいの小規模なパーティーから、300名の大規模なイベントまで!すごいですね。
一般的なお見合いパーティーでは、進行役に従ってパーティーが進められます。受付で身分証や会員証の提示(ない場合もあります)をし、料金を支払います。たいてい、男性のほうが高い料金設定になっています。男性では3千円程度から、パーティーの種類によっては1万円ほどまで、女性はタダというものから5千円くらいまで、というのが主流のようです。
会場では小さい二人掛けのテーブルが並び、進行役の指示に従って男女の組み合わせになるように着席します。そして男性が順番に席を移動しながら1〜5分くらいずつ、全ての女性と話をします。その後、気に入った異性とフリートークをする場合が多いようです。そしてパーティーの最後に成立したカップルを発表します。めでたく気に入った相手とカップル成立できる事もあれば、自分が好意を持った異性が他の人と結ばれてしまった瞬間に遭遇してしまう事もあるので発表はドキドキです。そのドキドキに耐えられない蚤の心臓をお持ちの方には、あえて発表をしないパーティーもおススメです。メアドや電話番号交換だけのものや、パーティー後に相手に手紙を渡してもらえるもの等、様々なパーティーが巷には溢れています。自分に合ったパーティーを見つけてみてはいかがでしょうか?

HOME > 入会後の流れ お見合い(人数、感想)

結婚相談所とは 比べてみよう結婚相談所 体験談・エピソード特集(本音トーク) 婚活お役立ち情報 マナー講座 for MEN マナー講座 for WOMEN
全国の結婚相談所 一覧 ベテラン婚活アドバイザーブログ

プライバシーマーク
ページトップへ