運営会社サイトマップ 好印象を与えるお見合い写真の撮り方|結婚相談所の総合情報サイト【ウエディングロード】

全国の結婚相談所 一覧
ベテラン婚活アドバイザーブログ
結婚相談所の総合情報サイト ウエディングロード

お見合いマナー講座(女性編)

好印象を与えるお見合い写真の撮り方
好印象を与えるお見合い写真の撮り方
お見合い写真の重要度
昨今まで、覚書や写真を交換して検討した結果、本人同士がお互いに直接会って、さらによく確かめあうというのがお見合いとされてきました。
昔はお見合いをするという事は、もうその相手と結婚するという事に等しい意味合いを持っていましたが、最近は、見合いの結果、相手を選ぶかどうかは本人たちの意思次第になっています。今となってはそのような風潮は当たり前になりました。
お見合いは結婚を前提にした紹介の場ではありますが、人と人との出会いの形であるというリラックスした気持ちを持って臨むと良いでしょう。

お見合いや、パーティーでは、相手をよく知るための機会ですから、恥ずかしがっていたり、またあまり控えめにし過ぎては、相手の事を十分観察できません。そんな時は相手にも自分の事がわかってもらえない可能性もあります。
みなさんは人に初めてあった時に、どのような印象を持ちますか?感じのよい人だなぁ、優しそうな人だなぁ、様々な印象を持たれる事かと思います。
人は少なからず第一印象を優先に判断してしまうときがあります。それほど印象というのが大事なのです。
それがお見合い、パーティーともなれば、言うまでもなく素敵な写真にしたいものです。
では、あなたにとって素敵な写真とは一体どんな写真でしょうか。
現在では、デジタル写真化も進み、写真の仕上がりも以前とはだいぶ変化してきました。そういった選択肢の広がった今だからこそ、しっかりした写真撮影をし、納得いった一枚を選びましょう。
相手に好印象を与えるにはどんな写真を選んだらいい?
好印象を与えるお見合い写真の撮り方
お見合いに添える写真は、相手への第一印象となるものとして重要です。誰もがカメラを持つ時代ともなりましたが、写真の在り方は多様です。
どんな写真にしようかと迷ってしまう方もいられるかと思います。友人知人に頼む事で、日常のスナップ写真のような近親間が応じたり、また、逆に、プロに頼んで自分の知らない別の内面を引き出してもらいたい等、その要望は様々です。
写真の撮り方一つにもその人の人柄、性格、価値観、環境があらわれますから、そのつもりで、自分ならどういう感じを出すべきかを考えるとよいでしょう。
とある写真家は、その人以上の作品も、その人以下の作品もできない。つまりそのひとそのものだというのです。
それだけ、写真には嘘がつけない、真実がそのまま写るとも考えられます。
写真とは本来機械任せな部分が多々ありますが、不思議なもので今日まで写真を撮影してきた多くの写真家の癖のようなものが、写真には面白いように写っているのです。
あなたにもこう写りたい、というイメージの画があるはずです。その旨をしっかりと撮影者の方、カメラマンに伝えておきましょう。

具体的には、形式やしきたりを重んじたいのなら、礼装して写真館で撮影する事をお勧めします。
逆に日常の生活感覚こそ大切だと思えば家の中や職場での自然なポーズが適します。それは、どんな価値観を持つ相手を望むかという事で変わってきます。
着飾った女の人を求めるのがよいのか、生涯のパートナーとしての実態を求める男性を望むかであり、自分の人生観を写真にも表現するという事にもなります。
また言い換えると、最もその人らしさがあらわれている写真がよい見合い写真であるともいえます。それには、似合う服、好きな装いで撮るのがいちばんです。
昨今では和装はずいぶん着る機会が少なくなっている事かと思います。和装が好きでよく着物を着る人ならともかく、日ごろ洋服で過ごす人が和装をしたのでは、真の姿をあらわす事にはならず、むしろ、訪問、外出用のドレス等、自分の着慣れたものの方が、日常性がでて好ましい場合があります。

枚数については特に決まりはありません。例えば、一枚目はキャビネ程度の大きさで正面全身、もしくは七分身のものにして、別におけいこ事やスポーツ等の趣味の場でのスナップを1〜2枚用意する等、形式は様々です。
普段写真を撮られる事に慣れていない方、また、いざお見合い写真となると緊張してしまう方いるかと思います。
そんなとき知っておくと便利な写真写りのポイントを紹介致します。
お見合い写真の撮り方ポイント
その1
胸を張るのではなく、おしりをすこしあげる感じを意識して下さい。
姿勢をよくするというイメージで、胸を張るという事があると思いますが、実際に胸を張るとおなかが出てしまいます。
そこで、「おしりを上げる」と考えましょう。そうすると、自然に胸が前に出て、不思議とスタイルがよく見えるそうです。
その2
写真を撮るとき、アゴを引くという人は多いと思いますが、実は単にアゴを引くだけだと二重アゴになったりしてしまうんです。
そこで、アゴを引いて、顔を傾ける事が大事。そして、カメラに顔を向けるといいそうです。
あごの下にたまったお肉が、傾ける事によって流れていくので、二重あごの防止にもなるとの事。
まさに一石二鳥ですね。
それでは、最後に具体的な撮影方法のアドバイスについて簡単にご説明します。撮影時の目安としてご参考にして下さい。
服装、メイクアップ、撮影場所のアドバイス
その1
女性の服装
着物やスーツ、ワンピース、ドレス等から選びましょう。スタイルに自信のない方は全身を撮るよりも七分身程度で撮る事をお勧めします。
その2
女性のメイクアップ
ナチュラルメイクで自然な感じが好感を持たれます。
その3
撮影機材
デジタルカメラ、三脚、レフ板等
その4
撮影場所
自然光の入る明るい部屋が良いでしょう。背景を選んで撮影します。
その5
撮影時の注意点
デジタルカメラを三脚に固定しましょう。(手ブレ防止の為)
一人で撮影する時はセルフタイマーを利用しましょう。(長めの時間を設定する事。)
レフ板を上手に使いましょう。(レフ板で光の当て方を調整しながら数多く撮ってみましょう。)
家庭用の電気スタンド等を照明器具として利用しても良いでしょう。
望遠やズーム機能を使って少し離れた位置から撮ると歪みなく撮れます。
公園や自然の中で撮るお見合い写真もおすすめです。
結婚相談所とは 比べてみよう結婚相談所 体験談・エピソード特集(本音トーク) 婚活お役立ち情報 マナー講座 for MEN マナー講座 for WOMEN
全国の結婚相談所 一覧 ベテラン婚活アドバイザーブログ

プライバシーマーク
ページトップへ