運営会社サイトマップ 人の振り見て我が振り直せ!作戦②:40代以上男性向け|結婚相談所の総合情報サイト【ウエディングロード】

全国の結婚相談所 一覧
ベテラン婚活アドバイザーブログ
結婚相談所の総合情報サイト ウエディングロード

HOME > 婚活スパイス > 人の振り見て我が振り直せ!作戦②:40代以上男性向け

人の振り見て我が振り直せ!作戦②:40代以上男性向け

人と自分を比べ、「あ、この人のこういうところすごいな」「見習わなくてはいけないな」と思う事が誰しもありますが、いざとなるとなかなか実行出来ないものです。 見習う誰かから見習われる人になれたら素敵です。魅力のある人はいつの間にか人が寄ってくるものなのです。 体験談を基にご紹介します。

40代以上男性向け

余裕を持つ

聞く耳を持てない

友達同士4人で話をしていた時のこと。 その時は、偶然にも既婚者と未婚者が半分ずつでした。(もちろん僕は未婚者です) 話題は、自然に結婚のことになりました。
既婚者は、奥さんの文句や子育ての大変さを語りつつも、「結婚はしないのか」とか「相手は見つかるのか」とか、未婚者で婚活している身分からしてみれば、結局のところ「ノロケている」と思えるような心無い質問が飛び交うものです。そして、お節介ながらに「紹介してやる」「お前のここがダメだ」とかお説教まがいのことが始まるものです。
大人しく聞いている未婚者二人にしてみれば、ちょっとイラッと来ることもあるものです。 我慢出来なくなったもう一人の未婚者。「俺は理想が高いから、お前らみたいな一般的な女性とは結婚しない。もっと大和撫子のように、おしとやかで散歩下がってついてくるような女性を見つけて結婚するから待っていろ!」 一瞬にして和やかな雰囲気が台無しです。

結婚相談所に通いながらもお見合いを重ねて、結婚相手を探している身分としては、気持ちはわかるような気がしますけど、既婚者二人も、我々に良かれと思って話してくれた一般的な話です。結婚の先輩として聞く耳を持つ余裕がほしいものだと思いました。
(40代 男性)

Let's try! 気を付けるポイント

40代以上にもなると、誰かの上に立つことも多くなり、徐々に相談する立場から相談される立場に変わっていることでしょう。
自分の考えや行動に責任感や自信を持つことで、プライドが優先されて、友達や目下の人のアドバイスなどを素直に受け入れられなくなってしまうものです。 それは一見、自分の考えをきちんと持っている大人に見えるようですが、周囲からは柔軟性がなく、頑固で偏屈に思われてしまうこともあります。
そして、自分の幅を広げることが出来なくなってしまうものです。
どんな立場になっても、知らないことや勉強になることは多いものです。
知っている人から学ぶことで、自分が成長出来ると考えて、友達や目下の人からも聞く耳を常に持っておくことは大切です。
そうすることで、また新しい信頼関係を築くことも出来ますし、相談しやすい、頼れる兄貴分としてのポジションも確保出来るようになります。大人の男としての魅力も増してくることでしょう。

自慢話は軽薄に思われがち

自慢話

お見合いパーティーでの出来事です。
フリータイムの時に、何気なく一緒にいた同世代の男性が、楽しそうに趣味の話を始めました。その趣味はアウトドア全般の様子です。キャンプをはじめ、登山やクライミングの話、海ではスキューバダイビングや釣り、サーフィンの話をしてくれました。初めのうちは、物珍しさから楽しく話を聞いていました。そのうちにその男性、海外の海でダイビングをした話から、サーフィンはどこの波が一番いいとか、何度海外旅行をしたとか、クルーザーを持っている話とか、実家は何をしているとか。どう聞いても自慢しているようにしか思えない話になりました。
その場にいた女の子たちも、初めのうちは「わぁ~すごい!」と言っていましたが、次第に顔が曇り始めました。そんな雰囲気になっているのも気づかずに、彼はフリータイムを使い切ってしまいました。僕や一緒にいた人たちも、その場を離れられるような雰囲気でもなかったですし、とても無駄に過ごした時間に思えました。

彼自身、最初は自己紹介のつもりで話していたと思います。話をするうちに、止まらなくなってしまったのと、どこまで話していいのか分からなくなってしまったのでしょう。
結果、自慢話となってしまったようです。多少の自慢話なら、「すごいなぁ」で終わっていたのでしょうが、「空き樽は音が高い」ともいうように、自慢話をしすぎると軽率に見えるので気をつけなくてはいけないと思いました。
(40代 男性)

Let's try! 気をつけるポイント

自己紹介などで自分の強みになる話の内容は、とかく自慢話になりやすいものです。自分の持っている知識や経験は、趣味や特技として短めに話すように心がけることをおススメします。
そのためには、自分から率先して話をするのではなくて、相手の話に合わせることや相手の興味のあることを聞き出し、共感するように話をしていくと「趣味が合う」と感じてくれるので、そこから話が盛り上がりやすくなります。 結婚相談所で婚活している人やお見合いパーティーなどでは、特に初対面での話に迷うことが多く、自分のことばかり話してしまいます。その結果、自慢話として捉えられてしまって、失敗してしまうケースも多々あります。
それを防ぐためには、出来るだけ聞き役に回ることと、相手の話に共感出来るような知識と経験を持っていることが必要です。

そのうえで、おススメポイントや嫌みのないちょっとしたアドバイスが出来る存在になれば、カップルになれる確率も上がることでしょう。 知識や経験はあくまでも「能ある鷹は爪を隠す」の気持ちを持って行動すると、自分自身のコミュニケーション能力が高くなり、公私ともに力強い味方になることでしょう。

家が先だと婚期が遅れる

独身の友達の話です。男4人兄弟の長男で、自宅はお父さんの持家です。 そろそろ老朽化してきたので、建て替え時期になってきたそうです。
そこで将来的には長男が後を継ぐことになっているので、建て替えの費用は長男である友達が支払うことになりました。
建て替えのプランは、もちろん両親と友達で行いました。

これから結婚することを想定して、二世帯住宅をプランニングして立派な家を建てました。結婚している身からしてみると、とてもうらやましい話ですけど、女性からしてみると「同居確定」と見えるそうです。 それに、自分自身のプラン設定としてはいいのかもしれないですけど、見えない将来を見据えてのプランはとても痛いものに感じてしまいました。しかも、彼は未だに結婚していません。「家が先だと婚期が遅れる」というジンクスを聞いたことがありますが、彼が身を持って証明してくれているようです。
(40代 男性)

Let's try! 気をつけるポイント

仕事や家庭のことを含めて、将来設計が出来る男性はとても魅力的です。しかし、それが結婚となるとまた別の話になることを忘れてはいけません。
結婚は二人のものですが、二人だけのものではありません。お互いの家同士が関わってくることになります。無宗教の日本ではあまり見られませんが、宗教によって結婚を認められない家というのも、現在でも存在するものです。 しかも、家の仕来りや家庭環境、育ち方などで、相思相愛のカップルでも実際に結婚して生活してみると、生活環境の違いから離婚に及ぶような喧嘩をすることも少なくありません。
そう考えると、家の間取りや方角などを気にする女性がいるということも想像出来るでしょう。共働きとして家庭に入らないまでも、実際に家の中を取り仕切るのは女性となります。女性の過ごしやすい生活環境を整えるのも夫婦円満の秘訣といえます。

結婚する前に家庭の事情で家を建てることは否めませんが、結婚後に間取りを変更出来るようなプランにしておくと安心でしょう。
結婚相談所では、不景気の現在、家を持っている男性がモテるという傾向もあるようです。否定的にならずに、女性が生活しやすいプランを考えることが大切です。

ちょっとした気遣いが…

電車やバスで

休日に公共機関を利用することも多くあります。休日といっても、時間によってはかなり混み合う時間帯もあるものです。 ある時の電車内での出来事です。小さな子どもを2人連れたお母さんが乗ってきました。
3歳と1歳くらいの年ごろの子ども達です。それほど、混雑していなかったのですが、座席は全て座っている状況です。
抱っこをして、片手は手をつないで、片手はつり革を持って、大きな荷物を肩から下げて、とても大変そうにしていました。 すぐ近くに座っていた同じ年ぐらいの会社帰り風の男性がいました。
ちらっと見て、大変そうだと思ったのでしょう。席を譲ろうかどうしようか迷っているのが分かりました。
そして、出た行動は、「寝たふり」でした。同性、同年代として恥ずかしい気持ちになりました。仕事で疲れている様子ではありましたが、見て見ぬふりをしてしまうという行動が情けなく感じました。

残念なことに、僕も立っていたので席を譲ることは出来ませんでしたが、もし僕が同じ立場ならば、必ず変わっていたと思います。 子どもや体の不自由な人を大切にする気持ちを忘れたくないと感じました。
(40代 男性)

Let's try! 気をつけるポイント

「席を譲る」という行動は、実際には勇気のいるものです。
せっかく譲ったとしても、断られるケースも少なくありません。たとえば、お年寄りと思って席を譲ったら、断られるどころか、「まだ、そんな歳ではない!」と怒られたというケースも、経験した人や聞いたことがある人も多いことでしょう。しかし、本当に困っているような時に譲ってもらえることは、当事者にとっては、とても嬉しく感じるものなのです。 今回は、「席を譲る」という話でしたが、どんな場所でも、相手がどんな人でも、「困っている人」を見て見ぬふりをするのではなく、助けられることがあるかどうか「声をかける」ことが大切なのです。
そして、必ず「やってやる」という姿勢ではなく、「出来ることがあればやります」という気持ちであることが大切です。なぜなら、「やってやる」という姿勢でいると、相手にそれが伝わり、不快感を与えることになります。また、断られた場合に自分でも「せっかく」という気持ちが芽生えて、嫌な気分になることでしょう。

しかし、「出来ることがあれば・・」という気持ちでいると、相手も些細なことでも頼みやすくなりますし、断られた場合でも素直に断られたことを受け入れられることでしょう。
それが出来る人は、誰にでも優しいと周りからの評価が高いこと間違いありません。結婚相談所に来る方の中には、優しすぎる方も多いようですが、それを自己アピール出来ることの一つとして婚活に役立てられます。

HOME > 婚活スパイス > 人の振り見て我が振り直せ!作戦②:40代以上男性向け

結婚相談所とは 比べてみよう結婚相談所 体験談・エピソード特集(本音トーク) 婚活お役立ち情報 マナー講座 for MEN マナー講座 for WOMEN
全国の結婚相談所 一覧 ベテラン婚活アドバイザーブログ

プライバシーマーク
ページトップへ