運営会社サイトマップ おすすめの書籍:20-30代男性向け|結婚相談所の総合情報サイト【ウエディングロード】

全国の結婚相談所 一覧
ベテラン婚活アドバイザーブログ
結婚相談所の総合情報サイト ウエディングロード

HOME > 婚活スパイス > おすすめの書籍:20-30代男性向け

おすすめの書籍:20-30代男性向け

癒されたいとき
ドキドキしたいとき
自信がないとき
ヒマなとき

そんなときにおすすめの一冊をご紹介します。

20-30代の男性向け

癒されたいとき

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
著:リリーフランキー

内容
「家族」をテーマにしたリリーフランキーの自伝最高傑作。誰よりも身近で誰よりも空気のような存在、オカン。四歳のときにオカンはオトンと別居し、ボクは小さな炭鉱町でオカンと暮らし始めます。やがて上京するものの東京ではボロボロの日々。月日は確実に流れ、子供の為に自分の人生をささげてきたその人は、やがて一人ガンと闘うのです。そして一番恐れていた場面が。大切な人との記憶や喪失を綴った感動作です。身近で重たいテーマながらユーモア溢れる表現で誰の心にも分かりやすくダイレクトに響きます。

効果
日々をただなんとなくでも忙しく過ごしている。社会の荒波の中、自分のことだけに精一杯で家族や両親のこと、大切な人の誕生日などですら真剣に振り返ることが出来ていない。でも確実に時間は流れていて、大切な人との別れはいつか必ず来るという運命を変えることは誰にも出来ません。だからこそこういう本を手にとって、一息ついて振り返るのもいいものです。家族は最大の味方であり最大の癒し。あまりに当たり前になりすぎて、ついうとましく思ったり、空気のように感じたりしますが、実は家族こそ最大の癒しの効果があることに改めて気付かされるのです。「家族」の大切さ感じ温かさに気付き、ちょっと気持ちに落ち着きが取り戻せ、ゆったりと癒され効果があるものです。


まさかジープで来るとは
著:せきしろ 又吉直樹

内容
文筆家せきしろと吉本お笑い芸人ピースの又吉による自由律俳句とエッセイ集第2弾。何気ない日常や誰もが分かる!と思うことをシュールに表現した句の数々に思わず笑みがこぼれてしまいます。短い文の中にも確実に伝わる情景や意図に、普段見過ごしてしまっている面白さへの再発見を感じることが出来ます。シンプルだからこそ老若男女が気軽に手に取り共感を覚えたり、違った物の見方に驚いたり出来ます。

効果
笑いは最大の癒し。声を上げて大笑いするのもニヤっとしてしまうシュールな笑いも、日々のストレスを解消出来る方法です。医学的にも笑うことで免疫効果が上がることが証明されています。この本はプロの芸人さんの目線と発想の面白さに触れると事で、普段目にしても通り過ぎてしまう一コマですら、少し別の意識を傾けるだけで「こんなにも新鮮で面白いものに変わるのか」という驚きがあるでしょう。そしてこれを読めば必ず、印象に残るフレーズに出会えます。その何気ないフレーズの数々は周りとのコミュニケーションとしても使えるので日々の会話のネタにもなります。同時にその鋭い視線に感動すら覚え、日常をまた違った感覚で味わうことが出来ます。ほっと一息コーヒーブレイクの感覚でシュールな癒しはいかがですか?

ドキドキしたいとき

人の心を自由に操る技術
著:DaiGo

内容
メンタリズムという言葉が最近メディアを賑わせています。
科学や心理学などに基づき通常「あり得ない」と思っている現象を現実に作りだすことを定義とするメンタリズムは超能力とは違います。人間の錯覚や暗示を利用し、意識を操ることで、マジックのようなパフォーマンスを行うのです。テレビやマスコミでも注目のDaiGo氏による恋愛、仕事、人間関係を思いのままに操る禁断のテクニック本。解説DVD付き。

効果
人の心が覗けたら・・・そんな場面は私たちの生活で多々あります。特に日本人はストレートな表現を苦手とし、婉曲的な表現や、オブラートに包むことを好みます。一見この効果によって私たちの社会は微妙な人間関係を最小限の摩擦で上手くコントロール出来ているかのように思いがちですが、実はその習慣こそが誤解を生んだり、すれ違いを生んだりしている事実があります。メンタリズムで深層心理知り、テクニックを学べば、ビジネスも人間関係も恋愛にも応用出来ます。まさに今結婚相談所やお見合いパーティー等で婚活されている方にはいろいろヒントが詰まっています。一度手にとってみると面白いでしょう。


20代にしておきたい17のこと<恋愛編>
著:森田健

内容
「20代にしておきたい17のこと」の番外編です。人生の基礎が固まる20代の最も多い悩みは「恋愛」。仕事に逃げずまた恋愛に逃げてもいけない。失敗パターンを知ることで、恋愛のセルフイメージを高める。恋愛と結婚の違いは恋愛が好き嫌いという感情がベースなのに対し、結婚は相手にしてもらうこと、自分がやることのかけ算であること。迷ったら前に出なければ50代60代で後悔が待っているということなどなど、今のこの大切な時期をどう過ごすかを分かりやすく説明した書籍です。

効果
草食男子という言葉が一般化しているように、最近の若者の間で恋愛下手な奥手の男子が増えている傾向にあります。でも彼らは決して恋愛に興味がないわけではなく、情報過多による現代の後遺症に近いものがあるのではないかという説もあります。やはり20代、30代男性にこそ自分自身の恋愛に向き合って次の世代へとステップアップしなければなりません。この大切な時期に、恋愛いに関する17のことを心得ておけば、この先の結婚相談所を含め、婚活する状況になったとしても必ず経験が生かされてくるのです。20代だからこそめいっぱいドキドキを味わう必要があり、それとセットになる「迷い」を少しでも軽減させてくれる書籍としてお勧めです。

自信がないとき

百万回 断られる力
著:佐伯 猛

内容
婚活ビジネスをリードし続ける株式会社エクシオジャパン代表佐伯猛氏によるビジネス書兼人間力向上エッセイ。自身の経験や努力で培われてきた成功へのノウハウがわかりやすく論理的に書きつづられています。「断られれば断られるほど契約に近づく」。営業というビジネス活動でも最も重要で最も難しい分野を、このようにポジティブな視点で捉え、具体的な方法の紹介から実績を交えながら紹介されています。そして面白いのは、その視点を応用した婚活や生き方へのヒントの数々。断られることで、そこから何を得るかという自己分析を持つことで一つ一つ答えに近づくという、まさに人間力を説いた点では他に類を見ない書籍です。

効果
現代人に足りないもの。それは「傷つくことへの勇気」。たくさん傷ついてこそ己が磨かれ、成長につながり魅力に変わるということを佐伯氏は自身の体験を通して紹介してくれます。
上手くいかないと嘆くのは誰でも簡単です。そうなった時、次のステップに進み、新しいチャレンジに挑むということは頭で理解出来ても、やはりなかなか実現出来ることではありません。「断られる力」をつけない限り、人間は前には進めないということを教えてくれます。
結婚相談所登録者数も右肩上がりの現在。プロフェッショナルな現場から成功のカギを受け取ることが出来る書籍です。


あなたに贈る希望の言葉
著:バーバラ・ミロオーバック

内容
人は誰でも心に秘めた夢やつかみたい幸せを持ちそれに向かって歩んでいます。しかし必ずそこには「もうダメ」「自分にはムリ」とくじけそうになることがあります。この本はそんなネガティブと闘う人へ贈る123のメッセージ集です。チャーチル、リンカーン、ゲーテ、ヘレンケラーなどなど、古今の偉人や賢者達の言葉の数々が人の背中を押してくれます。内容は1「 私に出来ること」、2「 勇気をもって」、3 「悲しみを乗り越えて」、4 「悔しさを飲み込む」、5 「やさしさを与える」、6「 愛すること」、7 「戦う精神」、8 「自分を信じて」、 9 「あきらめないこと」、10 「幸福が訪れる時」の10章に分けてそれぞれ紹介しています。再び自分の足で歩き続けるためのまさにバイブル書。「幸福の神様が宿る言葉」たちを大切な人にもどうぞ。

効果
普段何気なく本書を手に取り自分に照らし合わせるだけでも十分心に響く言葉の数々ですが、やはり迷ったり自信がなかったり、落ち込んだりした時にふと開くと、この本の本当のすごさや効果を最大に感じることが出来ます。信じて進ん出来た道を立ち止まる時、今自分がどこにいるかわからなくなったとき、この本は羅針盤の役目をしてくれる一冊。偉人たちの知恵や哲学は時代を超えて立場を超えて必ず響くものがあります。言葉の持つパワーを改めて知ることが出来、自信のない自分を奮い立たせてくれる効果があります。

ヒマなとき

ネット・バカ
著:ニコラス・G・カー

内容
家ではPC、外ではスマートフォン。私たちは今や常にインターネットに接続出来る環境にあり、いつでもどこでもたやすく情報手に入れることが出来ます。Googleでなんでも検索し、ツイッターで日常をつぶやき、ブログやFaceBookを頻繁に更新し、iPadで本を買って読む時代。そのようなライフスタイルの確立によって、実は私たちの脳は少しずつ変化していると説き、インターネットの継続的な没入によって脳に大規模な変化をおよぼしていると論じています。「深い読み」や「他人への共感」に必要な機能が損なわれることを本書では大胆に独自の目線で紹介されています。

効果
現代人はまさにネット依存症。急速に発達したインターネット文化は今や人間行動のほとんどに支配力を持ち、これなしでは生活もままならないほどの位置づけにまでにのし上がりました。情報の垂れ流しによる人間の思考の低下について警鐘を鳴らしながらも、あえて結論を導き出さず、インターネットと共存するといったニュアンスにとどめています。いつの時代も新しいテクノロジーにたどり着いた時、人間はそのツールのメリットデメリットを論じてきました。時間がある時、ふと当り前の日常を見つめるのにお勧めの一冊です。


アレの名前大百科
著:みうらじゅん

内容
世の中には「ほら!アレなんて名前だっけ?」なものがたくさん存在します。よく知っている、よく目にしているアレだけど、実際言われてみるとなんて名前なのか分らない。そんなマイナーのようでマイナーではない微妙な物の名前を、作家、漫画家、イラストレーター、ミュージシャンとマルチに活躍するみうらじゅん氏がその謎に迫ります。正式名称とその名前の由来解説付き。知らなくても生きていけることだけど、知っているとなんだか得した気持ちになれる。そんなどうでもいいような106のことを集めたユニークな雑学書です。

効果
全ての物には名前があるのに浸透していないアレについてあえて注目してみる。日本人のオタク心にも通じるような本書は、軽い気持ちで読むとその面白さが際立ちます。結婚相談所でお見合いや慣れない相手との会話はどうしても緊張するもの。話の流れでふとそんな話題になった時、このどうでもいいような雑学が出てくると、一気に緊張が解けて距離も縮まることでしょう。飲み会や普段の会話のコミュニケーションにも使えます。「食パンの袋の口をとめる凱旋門みたいなアレ」「ミカンの皮についている白いアレ」「視力検査で出てくるC型のアレ」「カレーのルーを入れるアレ」・・・などなど確かに答えられないものが満載です。

HOME > 婚活スパイス > おすすめの書籍:20-30代男性向け

結婚相談所とは 比べてみよう結婚相談所 体験談・エピソード特集(本音トーク) 婚活お役立ち情報 マナー講座 for MEN マナー講座 for WOMEN
全国の結婚相談所 一覧 ベテラン婚活アドバイザーブログ

プライバシーマーク
ページトップへ