運営会社サイトマップ おすすめ映画:20-30代男性向け|結婚相談所の総合情報サイト【ウエディングロード】

全国の結婚相談所 一覧
ベテラン婚活アドバイザーブログ
結婚相談所の総合情報サイト ウエディングロード

HOME > 婚活スパイス > おすすめ映画:20-30代男性向け

おすすめ映画:20-30代男性向け

癒されたいとき
ドキドキしたいとき
自信がないとき
ヒマなとき

そんなときにちょっとおすすめの映画でブレイクタイムを。

20-30代の男性向け

癒されたいとき

ウォーリー(2008年アメリカ)≪監督≫アンドリュー・スタントン
≪出演≫ベン・バート、エリッサ・ナイト、ジェフ・ガーリン、シガーニー・ウィーヴァー、フレッド・ウィラード、ジョン・ラッツェンバーガー、キャシー・ナジミー

ストーリー
時は29世紀。人類は行き過ぎた文明の発達により荒れ果て、ゴミだらけになった地球を脱出し宇宙で生きていくことを選択していました。しかしたったひとり、地球で700年もの間ゴミ処理ロボットとしてひたすら働き続けるウォーリー。彼の唯一楽しみは、ゴミの中から「宝物」を見つけること。そんなある日、突然地球に着陸した宇宙船から現れたピカピカの最新ロボット、イヴに心ひかれてしまいます。ウォーリーはイヴを追ってついには宇宙へと旅立ってしまいますが、そこには人類と地球の存続をかけた大きなミッションに直面するのです。

映画の効果
とにかく純粋でまっすぐなウォーリーの姿は老若男女問わず誰の心にも響くものがあります。人間が残したゴミを毎日せっせとひとり片付けながら、人間がかつて地球で過ごした温かい記憶に触れたり、空を眺めたりする姿は、四角い箱型のロボットでありながら、一瞬にして血を感じることが出来るのです。ストーリー全体としても、大切なものを失ってしまった人類への警鐘として重みのあるテーマで、「誰かと手をつなぐこと」というシンプルな答えにたどり着きます。ウォーリーのまっすぐな思いに思わずホッと温かい気持ちになれます。


ディープ・ブルー (2003年イギリス/ドイツ)
≪監督≫アラステア・フォザーギル ≪ナレーション≫マイケル・ガンボン

ストーリー
イギリスBBCの制作スタッフが、7年もの歳月をかけ作り上げた壮大な海洋ドキュメンタリー映画。ロケ地世界200カ所、撮影フィルム7000時間というとてつもないスケールで2004年公開時、日本でも大変話題になりました。ドキュメンタリーという映画部門では異例の11億円という興行収入をたたき出し大ヒットを記録。ストーリーもメッセージもなく、ただひたすら海とそこに生息する生き物の営みだけで構成されています。これまで見ることの出来なかった驚異の海のスペクタクルに、改めて自然の不思議とその迫力を感じることが出来ます。

映画の効果
私たちの住む地球の大半は海で出来ています。しかし私たち人間は本当の海の中をほとんど知りません。同じ星で生息する生き物の全く別世界をのぞくことで生命の躍動を感じ、私たち人間の生きることへの基本的な部分に立ち返ることが出来ます。なにも考えずにリラックスした状態で見るのもお勧めです。海の中の神秘的な映像の数々に眠くなることもありますが、そういった見方でも十分癒し映画の効果が得られる作品です。結婚相談所のお見合いなどでこういったお話はどなたにも好まれます。その後の水族館デートへのお誘いにも使えます。

ドキドキしたいとき

TAXi (1997年フランス) ≪監督≫ジェラール・ピレス
≪脚本≫リュック・ベッソン ≪出演≫サミー・ナセリ フレデリック・ディーファンタル マリオン・コティヤール

ストーリー
フランスの港町マルセイユで繰り広げられるスピード狂のタクシードライバーダニエルとちょっとマヌケな刑事エミリアンのコンビが繰り広げる痛快カーアクション映画。改造した愛車“プジョー406”でフランスの狭い街路を200キロもの猛スピードで爆走します。ある日、新米刑事エミリアンにスピード違反で逮捕されたダニエルは、スピード違反取り消しを交換条件にベンツに乗った暴走強盗団事件の捜査に協力させられる。

映画の効果
とにかく猛スピードのドキドキはスカッと爽快な気分にさせてくれます。日常のバカバカしさを無理なくユーモラスに描きつつ、分かりやすいストーリーと各キャラクターの絶妙な面白さから出るデコボコ感がたまりません。フランス映画ということもあり、欧州の歴史的観点から見れば、フランスカーブランド「プジョー」とドイツカーブランド「ベンツ」という対決から両国の対立関係的側面を見ることも出来、また違ったドキドキ感も。実際劇中のセリフにもそのような意味合いのものがちりばめられています。とはいえ、単純に車好きにも、そうでない人も思わずハマってしまう作品でその後のシリーズもお勧めです。


ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ (2009年日本) ≪監督≫松山博昭
≪出演≫ 戸田恵梨香 松田翔太 田辺誠一 鈴木浩介 荒川良々 濱田マリ 和田聰宏 関めぐみ 秋本祐希 永山絢斗 鈴木一真 松村雄基 吉瀬美智子 渡辺いっけい

ストーリー
週刊ヤングジャンプで連載された甲斐谷忍原作の人気コミックをドラマ化した「LIAR GAME」の劇場版。大金を賭け欲望にまみれたプレイヤーたちが互いのマネーを奪い合うため、だまし合いと心理作戦を繰り広げる究極のトーナメントを描いた作品です。TV版の最終作となる本作はそのゲームの決勝戦。シンプルなゲームながらまさに「頭脳」をフル活用した知恵と本能とのぶつかり合いはスリルたっぷり。今回開催された「エデンの園ゲーム」はプレイヤーが金・銀・赤の3色のリンゴのうち一つを選び、全員が赤を選択すれば、参加者全員が1億円を獲得。しかしもし金・銀に手を出した者がいた場合、赤を選択したプレイヤーはマイナス1億円というルール。優勝賞金の50億円という大金に目がくらんだプレイヤーたちの真の姿を描き出します。

映画の効果
独特な世界観とエキセントリックなプレイヤーによる頭脳派作品で、深夜枠のドラマながら大ヒットとなったライアーゲーム。感情に訴えかける映画と違って、とにかく見る側も頭フル回転。シンプルなリンゴゲームにいつしか自分自身プレイヤーになったかのような感覚で一つ一つの選択に一緒になってスリルとドキドキを味わえます。結婚相談所のお見合いで時にさりげなくこの映画のお話などしてみると、知的な雰囲気を出すことが出来ます。

自信がないとき

英国王のスピーチ (2010年イギリス) ≪監督≫トム・フーパー
≪監督≫コリン・ファース ジェフリー・ラッシュ ヘレナ・ボナム=カーター ガイ・ピアース ティモシー・スポール デレク・ジャコビ

ストーリー
第83回アカデミー賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門に輝いた感動の実話を実写化した作品。イギリス国王ジョージ5世の次男アルバート王子は幼い頃から吃音症に悩み、それが原因で人前に出ることを極端に恐れる内向的な性格に。王室の人間としてそれはどうしても克服すべき課題でした。しかし成人してもそのコンプレックスを克服することが出来ず、何人もの言語聴覚士の治療を受けるものの改善の兆しは見られませんでした。そんな夫を心配する妻エリザベス。最後に頼ったオーストラリア人のスピーチ矯正専門家というライオネルのもとで次々と風変わりな治療法を実践します。そんな中、国王に即位した兄エドワード8世が、王室が認めない女性との恋愛で突如王位を返上する事態に。思わぬ王位継承でジョージ6世となってしまったアルバートは家族の支えもあって少しずつ吃音症を克服し、第2次世界大戦下の国民たちに向けて世紀の一大スピーチに挑みます。

映画の効果
人間は誰しもコンプレックスや欠点を持っていて、そのことが原因で自信を持てずに悩んでいる人は多いもの。克服出来たらどんなに晴れ晴れしいのだろうと思いつつも、そう簡単に克服出来ないものに悪循環を繰り返してしまうことがあります。それでも本気でそれに立ち向かうとき、自分自身の努力と身近な人の力強くも温かいサポートが必要であることを教えてくれます。結婚相談所に登録したものの、なかなか上手くいかないと悩む方も多いかと思いますがそんな貴方にこそぜひ見ていただきたい作品です。


県庁の星 (2006年日本)
≪監督≫西谷弘 ≪出演≫織田裕二 柴咲コウ 佐々木蔵之介 他

ストーリー
出世をもくろむK県庁のキャリア官僚野村聡と三流スーパーで働く年下パート店員二宮あきが衝突を繰り返しながらも協力してスーパーの改革に乗り出す物語。野村は民間企業との人事交流研修のメンバーに選ばれ、スーパー満天堂に派遣されるも、お客様第一主義のスーパーの現場では、お役人の書類第一主義のやり方で全く役立たずの存在。そんな中、野村は出世のチャンスを失い、婚約を破棄され、失意のどん底に突き落とされてしまいます。「自分は誰からも必要とされていないのではないか?」と落ち込む野村を励ましてくれたのは衝突を繰り返すあきでした。ちょうど満天堂も閉店の危機に瀕しておりお互いの力が必要だったのです。お互いに協力し合い、スーパーの経営を立て直していきながら心を通わせていくストーリーです。

映画の効果
大きく言えば「改革」を描いた作品です。一見混ざることのない世界の者同士が一つの目標に向かって手を取り合うとき、お互いの力が大きな力となるという、ありきたりで王道なストーリーながら、実生活においてそう言う場面を感じることのあまりない社会。だからこそわかりやすいストーリーと分かりやすい登場人物の設定でダイレクトに私たちの意識に訴えてくるものがあります。一人では自信が持てないことも、互いの長所でカバーし合うことの大切さを教えてくれます。

ヒマなとき

ダヴィンチコード (2005年アメリカ)
≪監督≫ロン・ハワード ≪出演≫トム・ハンクス オドレイ・トトゥ イアン・マッケラン

ストーリー
全世界で5,000万部を超えるダン・ブラウンのベストセラー小説の実写版。ルーブル美術館館長の殺人事件を発端に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かすミステリー大作です。奇妙な体勢で横たわった死体の周囲には不可解な暗号らしきものが。パリを訪れていたハーバード大学教授ロバート・ラングドンはこの現場に呼ばれ、フランス司法警察のベズ・ファーシュ警部より表向き事件解明を依頼されますが、実は彼自身館長殺害の容疑者の一人でもありました。疑いをかけられたラングドンは、警察の追跡をかわしながら、館長の孫娘でフランス司法警察暗号解読官ソフィーと共に暗号解読にとりかかります。様々な暗号を解き進む二人。やがて隠されたメッセージへたどり着くのですが…

映画の効果
とにかく日本人には馴染みのないキリスト教という宗教、文化、歴史的背景を扱った作品故、評価は賛否両論の作品です。しかし、実際にレオナルド・ダ・ヴィンチの名画には謎がたくさん隠されており、現代人のロマンをかきたてる力を持っています。小説から入るもよし、映画から入るもよし、とにかく本当にこの映画を楽しむには、ある程度欧米のキリスト教文化の知識が必要になりますから、時間のある時、少し歴史を掘り下げながら映画を楽しむと、私たちの知らなかった世界がそこに広がりを感じることが出来ます。結婚相談所でのお見合いで、美術が好きな方、欧米文化が好きな方、ミステリーが好きな方など、ちょっと知的で大人の会話に役立つ作品です。


酔拳 (1978年香港)
≪監督≫ユアン・ウー・ピン ≪出演≫ジャッキー・チェン ユアン・シァオ・ティエン ディーン・セキ ウォン・チェン・リー

ストーリー
ジャッキー・チェンの代表作、出世作となった「酔拳」。酔えば酔うほど強くなるという“酔八拳"を使って宿敵を倒す香港カンフーアクション映画です。広東にある小さな空手道場のドラ息子フェイ・フンは、練習も真面目にせず、暇さえあれば悪友と町を闊歩する日々。見兼ねた父親ウォンは息子を改心させようと、カンフーの達人を呼び寄せ修行をさせます。そしてついに奥義“酔八拳”を修得。そのころ、捧術使いの王と、殺し屋ティエ・シンにウォンの命が狙われ、そこへ駆けつけたフェイが酔拳を使ってチィエ・シンたちを倒すのです。

映画の効果
日本人なら誰でも知っている香港映画の大スタージャッキー・チェン。当時、もはや伝説となったブルースリーの陰でその後のカンフー映画がなかなかヒットしない状況が続いていました。そんな中、研ぎ澄まされたアクションと対照的なコミカルなストーリーで一気に日本人の心を鷲掴み。一気にスターダムにのし上がりました。男性なら一度はジャッキーのそのすさまじいアクションに魅了されたに違いないでしょう。その後の作品でも体を張ったスタントマンなしのガチンコ作品に、思わず息を飲みながら作品に見入ったものです。とにかく、時代を超えていつ見てもジャッキーはカッコイイ!人間の限界に挑むその姿はまさに男そのものです。

HOME > 婚活スパイス > おすすめ映画:20-30代男性向け

結婚相談所とは 比べてみよう結婚相談所 体験談・エピソード特集(本音トーク) 婚活お役立ち情報 マナー講座 for MEN マナー講座 for WOMEN
全国の結婚相談所 一覧 ベテラン婚活アドバイザーブログ

プライバシーマーク
ページトップへ