運営会社サイトマップ よくあるご質問Q&A 回答|結婚相談所の総合情報サイト【ウエディングロード】

全国の結婚相談所 一覧
ベテラン婚活アドバイザーブログ
結婚相談所の総合情報サイト ウエディングロード

不安解決!よくある質問Q&A 回答


Q4

入会している事を家族に知られたくない
回答

結婚相談所に対するイメージは「結婚できない人が行く所」「モテないから結婚相談所に入会する」
というような偏見があるようです。
結婚相談所に通ってる事自体が恥ずかしいから誰にも、家族にもしられたくないって思うのは、わかります。
直接的にいうと、偏見をもって見られてしまいがちですよね。
ですが、実際に入会している方は、本当にごく普通の方ばかりです。
仕事が忙しくてなかなか異性の方と遊ぶ時間がなかったり、職場が同性ばかりだったり・・・
結婚できないから、恋愛経験が少ないからではなく、ただ出会いを求めて入会している人がほとんどです。

また大きな理由のひとつに女性も関係しています。女性の社会進出による晩婚化です。
昔は女性の結婚は20代!というのが有りましたが、現在では、男性に負けないくらい働いている
俗に「キャリア・ウーマン」と言われる方がたくさんいらっしゃいます。
その為、気がつけば30代、40代となり、出会いがなく結婚相談所を利用する方が増えているのも現状です。

ですが、それでもどうしてもマイナスイメージになりやすいのです。世間一般的にまだ「出会い系」というイメージが強いからです。

しかし、結婚相談所で出会う事だって、私は、タイミングだとおもいます。結婚相談所だって必ず運命の人と出会えるわけではありません。
結婚相談所で出会う事だって運命じゃないかなあ?とおもいます。ただ、コンシェルジュや、アドバイザーがいるぶん、自分の性格や、理想に近い相手と出会える可能性が少し高まるというメリットはあります。

これだけ社会的に婚活の業界が進出していても
それでも、知られたくないって思われるかたいらっしゃいますよね?

最近は、そのような方のために、資料を送る際も、●●結婚相談所とは記入せず、個人名で郵送してくれる結婚相談所も増えています。
パソコン等を利用する会社も多くあるので勝手に覗かれない限りは家族にバレルといった事はありません。もし、それでも不安な場合は、直接、入会する結婚相談所に伝えておけば、より確実かと思います。

また入会されてない方からすれば、このような事を疑問に思われる事もあるかと思います。

お金を払ってまで出会いを求めるなんて・・・

という事です。しかし、置き換えて考えてみて下さい。
結婚相談所に使うお金って、出会ったり、環境を提供してもらったり、異性を紹介してもらったり、いわば、異性と出会うため、忙しい中でも異性と良い関係になりたいから入会してお金を払ってるんですよね??

それって、みんなしてませんか?

女性がエステに通ったり、まつ毛をエクステしたり、こまめに美容院に通ったりネイルをして、気合をいれてデートしたりするのも、大なり小なり、良く思われたい、もし彼氏がいない人だったら、お洒落して合コン行ったりしますよね?
それと同じ事ではないかと思います。

また、男性の方でも、モテる、モテない等は関係なく、飲み会や合コン!となったら、やはり普段よりも気合を入れますよね。
また、気になっている女性と二人きりでのデートでは、背伸びして少々高級なレストランを予約したり、奮発して全額支払ったり、という経験があると思います。

結婚相談所に来る方は、そういう時間もない方や更に出会いの幅を広げたい。というかたがほとんどなのです。

ただし、利用者はただ純粋にそう思っていたとしても、悪徳な結婚相談所があるのも事実です。

少しでも自分の理想の方に早くめぐり会う為にアドバイザーとお話をして、出会いの幅を広げているのに、自分の希望する異性とは全く会わせてもらわなかったり、最後にローンだけが残ったり・・・
そのような詐欺もまれにあるようですので結婚相談所選びには、十分注意が必要です。

結婚相談所を利用されるかたは、男性・女性とも多くいらっしゃいますし恥ずかしがる事は無いとおもいます。
逆に、今の時代に「あの人結婚相談所なんかに通っているんだって・・・」
って白い目で指をさして偏見を持っているかたのほうがこの言い方は少し言い過ぎかもしれませんが、「時代錯誤」ではないかな??とも思うくらいです。

この業界は、どんどん社会に認められて社会に広く進出していっています。

結婚相談所が広く広まる事により社会的に大きな貢献をもたらす事もあります。

たとえば、少子化です。
数年前から、少子化はよくニュースでとりざたされていますよね。その原因は、晩産化、未婚化、晩婚化です。
日本では、2005年、国勢調査により確定値を基に計算した結果合計特殊出生率は1.26人と過去最低となり総人口の減少が始まりました。
もし少子化がこのまま進むと、2030年には2006年と比較して1070万人の労働力が減少されると予想されています。
その後、2009年には1.37になったが、それでも15歳から49歳までの女性の数が減少しており、そのため、出生数が増加していないのが現状だそうです。

これらの話は、全く関係のない話ではないと思います。
労働力がそれだけ減少するという事は、自分たちの老後は保障されない、という見方もできるからです。

働く人が減るという事は、当然ながら、納税者も減るわけです。
そうなると、現実的な話、私たちの老後の年金にも影響してきます。

そういった社会的な問題に立ち向かうためにも、こういった結婚相談所は大事だとおもいます。

従って、今結婚相談所に入会して活動している人も、全く恥ずかしがる必要はないとおもいます。
恋愛関係以外でも、交流、交際の場を広げて、色々な方と話す事は自分の世界を広げる事にもつながりますし、家族に知られようと自分の考え方ひとつで、気にする必要はなくなるとおもいます。
どうしても知られたくなければ、前にも述べました通り、結婚相談所の名前は記入せず、個人名で郵送してもらう等の対応を、事前に依頼しておけば安心です。

結婚相談所とは 比べてみよう結婚相談所 体験談・エピソード特集(本音トーク) 婚活お役立ち情報 マナー講座 for MEN マナー講座 for WOMEN
全国の結婚相談所 一覧 ベテラン婚活アドバイザーブログ

プライバシーマーク
ページトップへ